2018/06/14

ああ我青春のEcho & the Bunnymen @ロイヤルアルバートホール

先日2018年6月1日に、ロイヤルアルバートホールでのEcho & the Bunnymen公演を観に行ってきた。

エコバニ@ロイヤルアルバートホール 2018


エコー・アンド・ザ・バニメン(以降略してエコバニ)なんて知っている人の方が少なくなってきた昨今だけど、80年代ネオサイケの大御所ともいうべき彼等エコバニは、当時をリアルタイムで体験した私世代のオバサン&オジサン(の一部)にとっては、超クールでカッコイイ存在だったのである。

2018/06/11

シュガータックス(砂糖税)の逃げ道が人工甘味料になっちゃイカンでしょ?

今年2018年の4月に、ヨーロッパの名だたる肥満国家イギリスでは「シュガータックス(砂糖税)」なるものが導入された。



これは一定量以上の砂糖が含まれるコーラやジュースなどのソフトドリンクに課税されるもので、1リットルあたり18ペンスまたは24ペンスの値上がりとなるというから、かなりの税率。(日本価格に換算すると、これまで200円だった1.5リットルボトルのコーラが、いきなり250円への値上がりに相当)

2018/05/15

ロンドンの初夏はリッチモンドの河畔で(だけどハッテン場には気をつけよう)

ケンジントンガーデンの新緑

5月に入ってからというもの、ここロンドンでは初夏っぽい日が続き、すこぶる気分が良い。

あれほど「寒いー、暗いー、気が滅入るー」と、ブイブイ文句を言ってたイギリスの気候が、急に愛おしいものに思えるのだから、人間ってゲンキンなものだ。

2018/05/14

Ólafur Arnalds (オラフル・アルナルズ)のロンドン公演@ロイヤル・アルバート・ホール

アイスランドの現代音楽アーティスト、Ólafur Arnalds (オラフル・アルナルズ)のロンドン公演へ行ってきた。

ロイヤルアルバートホール前でパチリ・向こう側にアルバートメモリアル


繊細なピアノの旋律が、空間に余白を生み出しながら、高く遠く広がり、流れる雲のように通り抜け、そこにストリングスの振動が、打ち寄せる波のように、やさしく覆いかぶさっていく・・・、そんな彼の紡ぎ出すインストルメンタル作品は、いわゆるポスト・クラシカルなどというカテゴリーには、到底収まりきらない。

2018/05/13

『フロリダ・プロジェクト』と『ダニエル・ブレイク』~貧困を捉える視点の差異

先日、アメリカ映画の『フロリダ・プロジェクト』と、イギリス映画の『ダニエル・ブレイク』を立て続けに見た。共に現代の貧困を描いた作品なのだが、舞台や同上人物の設定上の違いはともあれ、貧困を捉える視点の違いに、ハッとした。